「キレる」「ムカつく」は死語になる

「キレる」「ムカつく」は死語になる

「キレる」という言葉は嫌いです。

お笑い芸人が「キレキャラ」などと言って、面白おかしく使う分にはいいのです。

キレキャラの芸人さんは本当はいい人なので、可愛くて好きです。

キレ芸も笑えるので大好きです。そこにはいやな感じが微塵もありません。

人を思い切り、笑わせる高等な芸です。

しかし、若者が使う「キレる」と言う言葉は聞くだけでいやな感じになってしまいます。

若者がすぐにムカついて、使う「キレる」という言葉は大嫌いです。

普通の女の子まで「キレる」といいます。

そして、派生語としてもいやな言葉があります。

マジギレ。真剣を表す「マジメ」の省略から「マジ」を重ねて、「本当にキレる」という意味です。

ブチギレ。紐がちぎれる擬音語の「ブチッ」からで「マジギレ」とほぼ同じ意味です。

逆ギレ。加害者が自分がキレられていることに耐えきれずに、開き直り的に被害者に向かって逆にキレることです。

1990年代初期から「若者がキレやすくなった」とマスコミで言われるようになりました。

一種の「若者に対するレッテル」として社会問題化して扱われることが多かったです。

流行語のようにみんなで「キレる」と言う言葉を使っています。

可愛い女の子が「キレる」と言う言葉を発したら、私はそれだけで興ざめです。

「ムカつく」って言葉も使いますね。この言葉も大嫌いです。

「ムカつく」っていう言葉をつかうから、そうでもないのに腹が立つのです。

「キレる」「キレる」とみんなでいうから、そうでもないのに腹が立つのです。

「ムカつく」と「キレる」と言ったら、罰金を取るようにしたいですね。

この言葉が死語になって、若者が使わなくなればいいですよね。

そして、キレた若者にはみんながこういうのです。

「あいつ、キレてやがんの、古い~、ダセイなあ。」

プリウスα

いってらっしゃ~い。

教育キャンプに出かける娘の集合時間は朝の7時。

彼女も朝早起きして、荷物の最終チェックです。

でも、あいにく起きた時間は雨が。

目が覚めるなり「雨が降ってるぅ~!」と悲痛な叫びが聞こえてきました(笑)

ただ、ふったりやんだりだったので、このまま決行かな、とは思いましたが。

幸い娘の集合時間には雨は止んでおりました。

また停車場所が限られているので、坂の上から行くプランを練りました。

幸い全然車がいなかったため、やったね、停まろうと思ったら、同じように考えた車でしょう、反対車線側の歩道に乗り上げていたのが、私の後ろに入ってきたんです

なんじゃそりゃ!

お前今車停めてたやん、私も同じこと考えてるのわかるや~ん!って感じ。

これでは停車させることができません。

腹立つ、と思いつつ、これ以上行っても仕方ないので、学校の中の指定された場所まで行くしかありません。

同じように子どもを連れてきている車がいっぱいなので、広場までの細い道は混みこみです。

でも、みんなこの後がまだあるので、ゆっくり行く人はいません。

狭かろうが、とりあえず車が2台通れるのだからガンガン通っています。

あぁ、うちの車が大型車でなくて本当によかったと思った瞬間でした。

広場まで出てしまえば車はほとんどいなかったし、子どもを降ろしたらどんどん帰っていくので空いていました。

私もわが子を降ろしてから、見送る暇なくさっさと帰りました。

無事にキャンプへ行けていればいいのですがね~。

雨だと、プランが変わってつまらないですし。

懐かしいなぁ、きっと今も昔も変わらず、好きな人を呼び出して告白とかあるんでしょうねぇ♪

ちょっと覗きに行きたい気もしますが、さすがにそれは無理なので、娘が帰ってきてから話を聞かせてもらう事にします。

「キレる」「ムカつく」は死語になる